松下建築構造事務所

matsushita
 
HOME
愛媛新聞2003.7                        
   耐震診断とは、予想される大地震に対して、その建物が必要な耐震性能を保有しているかどうかを判断するために行う手法である。

木造建築物の場合には、簡易診断、一般診断、精密診断がある。
 簡易診断は、設計図書及び現地調査を基に、所定の診断表より評点を求めて診断する方法である。
 一般診断は、診断実施期間が設計図書を見ながら、現地で建物を調査して詳細に診断する方法である。
 精密診断は、3階建や比較的大きなスパンの建物、土蔵造等の特殊な構造形式を有する建築等について適用する診断する方法である。
鉄骨造建築物の場合には、一般診断、精密診断があり、耐震性能を連続数で表す。
 一般診断は、設計図書を見ながら、現地調査を行い、耐震性能を判定する診断方法である。
 精密診断は、特殊な構造の建物や形状・立地条件が悪く経年変化や被災により構造・骨組が著しい損傷を受けている建築等について行う診断方法である。
鉄筋コンクリート造建築物の場合には、一次診断、二次診断、精密診断があり、前二者を総称して一般診断という。(財)日本建築防災協会発行「2001年改訂版既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準」では、第1次、第2次、第3次診断法からなっている。
 第1次診断法、強度抵抗型で比較的耐震壁が多く配されたフレーム構造の耐震性能を評価する診断手法である。
 第2次診断法は、柱崩壊型の耐震性能が支配される建物の耐震性能を評価する診断手法である。
 第3次診断法は、梁崩壊型建物や耐震壁の回転が支配的な建物の耐震性能を評価する診断手法である。 
RC3階建参考耐震診断計算書 ※画像をクリックすると拡大表示します。
1.1 建物・構造概要 1.2.1 診断概要 1.2.2 診断のルート表 1.3 診断結果
4.1 形状指標 SD 4.2 CT-F図 4.3 第2種の検討 5.1 回転壁の検討
5.1 開口付回転壁 5.1 上階壁抜け 5.1 下階壁抜け 5.1 梁の終局耐力



耐震診断調査写真 ・・・・・ クリックすると調査内容の画像がでます。 

耐震補強写真 ・・・・・ クリックすると補強内容の画像がでます。
  

 


Copyright(C)2004-2011、有限会社 松下建築構造事務所 
All Rights Reserved - Privacy Policy